株式会社マイス

当社のオリジナル製品です

自動車の生産現場のニーズに応えて改良を重ねた部品供給装置です。

パーツカウンター

金属製部品用
パーツカウンター

Specification and External view of
Parts Counter

ボルトやナット等を必要な数だけ作業者に供給する装置です。
磁石を埋め込んだ回転プレートにより、ワーク同士のカラミをほぐしながら1個ずつ確実にカウントし、指定数をシュートへ供給します。
今まで難しかったM8~M14位のボルトにも対応します。

ファスナーカウンター

樹脂製部品用
樹脂ファスナーカウンター

Specification and External view of
Resin fastener Counter

樹脂製のファスナー等の部品を必要な時に必要な数だけ作業者に自動で供給する装置です。回転プレートによりファスナーを優しく保護しながら1個ずつ確実にカウントし、指定数をシュートへ供給します。部品の供給数量を任意に変更することが可能です。

Collaboration with Nissan Motor Corporation
製品概要

自動車等の生産ラインにおいて、流れてくる車種に応じて、ボルトやナットを必要な数だけ自動的に作業者に供給する装置です。従来手作業で行われていた作業の効率化を図り、ボルトの締め忘れを防止します。

これらの製品には、日産自動車様が所有する知的財産を使用しています。
「川崎モデル」で知られる川崎市知的財産交流事業を通じて「部品定数供給装置」(特願2013-132176)及び「部品供給装置及び部品供給装置の制御方法」(PCT-JP206-082352)の特許ライセンスを受けました。

また、自動生産装置の開発で培った当社の技術力を活かして、独自の工夫と改良を重ねています。例えば、センサーの工夫により安定した数量のカウントを実現したこと、攪拌機構の改善による空回りやからみを防止したこと、部品点数の削減による小型軽量化と低コスト化を実現したことなどが挙げられます。新たに生まれた発明は特許出願済みです。

2015年から本格発売を開始したパーツカウンターは、これまでに日産自動車様を始め、トヨタ自動車様、三菱ふそうトラック・バス様、現代自動車様、及び関連企業様に200台近くご購入いただき、現場の作業者の方々からご好評をいただいています。某自動車メーカーが実施した試験では、生産効率が条件によっては19%向上したそうです。高級ブランド車の生産工場にも採用されています。

現在、ヨーロッパの自動車工場への輸出に向けて、CEマークの認証手続きを進めており、今後は国内に限らず海外にも積極的に展開していきます。

  • パーツカウンター
  • 樹脂ファスナーカウンター

製品のデモ・サンプル機の貸出しも承ります

ユーザー専用ページ

ユーザー登録すると、バージョンアップ情報等を閲覧できます。

pagetop